2nd.アルバム『Au Théâtre ~シアターにて
2022年11月発売!

お待たせいたしました!ショコラ・プラスのセカンド・アルバムは

題して『Au Théâtre(オ・テアトル)~シアターにて』

映画音楽 ミュージカルソング '80sポップス そしてクラシックまで

痛快なアレンジで舞台巡りに誘います

レーベル画像_edited_edited.png
Au Theatre 表ジャケット小.jpg

All songs Arranged by Chocolat Plus

Au Théâtre(オ・テアトル)~シアターにて

収録曲目

 

Wouldn't It Be Loverly? ~素敵じゃない? 

The Summer Knows ~おもいでの夏 

I Love Paris ~アイ・ラブ・パリ 

Plein Soleil ~太陽がいっぱい 

Try To Remember ~トライ・トゥ・リメンバー 

Sweet Dreams ~スイート・ドリームス 

I Feel Pretty ~すてきな気持ち

Maria ~マリア 

Moldau ~モルダウ

Swan Lake ~白鳥の湖

A Time For Us ~ロミオとジュリエット

 

  全11曲 定価¥3,300(税込)

◆ ご購入はライブ会場にて出演者から直接、または最下部の送信フォームよりお申し込みください

収録曲試聴&解説
 

全収録曲の一部分を聴いていただけます。

・・・とはいえ、ショコラの真骨頂はアレンジと展開。ここからどういう景色が広がるのか、ぜひCDでご確認ください!

●Side A ~第1幕

1.Wouldn't It Be Loverly
00:00 / 00:43

1. Wouldn't It Be Loverly?

​素敵じゃない?

幕開けはロンドンの下町から。

「暖かい部屋にたくさんのチョコレートって、素敵じゃない?」と、ショコラ・プラスにぴったりの歌。たくさんの「チョコレート=Lots of Chocolate」とは、私たちの1st. アルバムのタイトル…実はこの歌詞から取りました。

1965年のミュージカル『マイ・フェア・レディ』より。

4. Plein Soleil
00:00 / 00:51

4. Plein Soleil

​太陽がいっぱい

ここでサスペンスから1曲。原作パトリシア・ハイスミス、監督ルネ・クレマン。

アラン・ドロンの出世作になった同名映画より。ニーノ・ロータの哀愁漂うこのテーマ曲は、映画音楽を代表する傑作となりました。

2.The Summer Knows
00:00 / 00:50

2.The Summer Knows

おもいでの夏

1971年の映画『Summer of '42

~おもいでの夏』主題曲。

​主人公の少年が恋する大人の女性を演じたジェニファー・オニールの美しさも話題になりました。

ショコラ・プラスが敬愛する作曲家ミシェル・ルグランの、流麗なメロディーをご堪能ください。

5.Try To Remember
00:00 / 00:56

5. Try To Remember

​トライ・トゥ・リメンバー

第一幕最後は、ミュージカルの本場

ブロードウェイへ。

オフ・ブロードウェイで最長ロングランを記録したミュージカル『ファンタスティックス』より。日本でも2022年秋に上演されました。この曲はブラザーズ・フォアのヒット曲としても知られています。

3.I Love Paris
00:00 / 00:54

3. I Love Paris

​アイ・ラブ・パリ

舞台は19世紀パリの賑やかな

ダンスホールへ。

1953年初演のミュージカル『カンカン』より。「一年中どんな時もパリが好き 愛する人がそばにいるから」

作詞作曲コール・ポーター。

スタンダードナンバーとしても知られる曲をショコラならではのアレンジで。

舞台なら、休憩時間。

レコードなら、A面をB面に返す間。

もちろんCDですから、そんな「幕間」は必要ありませんが、そこはショコラのこだわり。ほんの数秒(!)長く空いております(笑)

​引き続きお聴きください。

~幕間~

●Side B ~第2幕

6.Sweet Dreams
00:00 / 00:42

6. Sweet Dreams

​スイート・ドリームス

第2幕はシュールな歌から始まります。「誰もが何かを探している 利用する人 されたい人 虐げる人 虐げられたい人…」そんな混沌の世界の中で、ひととき甘い夢を見ませんか?

​1983年ユーリズミックスのヒット曲。ぜひ原曲と聴き比べてみてください。

9.Moldau
00:00 / 01:02

9. Moldau

​モルダウ

クラシック音楽はいかがでしょうか?

​チェコの国民的作曲家ベドルジハ・スメタナによる連作交響詩『わが祖国』より。日本でも有名な第2曲『モルダウ』に、フランス語の歌詞をのせて。

ショコラのアレンジでは、かなり激しい暴れ川になっております。

7.I Feel Pretty
00:00 / 00:45

7. I Feel Pretty

​すてきな気持ち

場面はマンハッタンのウエストサイドへ。恋する少女マリアが胸をときめかせます。「私以外の女の子が可哀そうに思えるくらい最高の気分!」

1957年初演のミュージカル『ウエストサイド物語』より。「少女」とは思えない迫力の歌声をどうぞ。

10.Swan Lake
00:00 / 00:50

10. Swan Lake

​白鳥の湖

続いて、バレエも観てみませんか?

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー作曲のバレエ音楽『白鳥の湖』より。

​「第2幕 情景」の有名なメロディー「白鳥のテーマ」をアレンジいたしました。

ピアノ・トリオの演奏でお楽しみください。

8.Maria
00:00 / 00:50

8. Maria

​マリア

もう一曲『ウエストサイド物語』より。

マリアの恋する相手、トニーの歌も取り上げました。前曲と同じく、作詞スティーヴン・ソンドハイム、作曲レナード・バーンスタイン。バーンスタインの音楽は本当に難しい!会心のアレンジをお聴きください。

11.A Time For Us
00:00 / 00:45

11. A Time For Us

​ロミオとジュリエット

フィナーレは、ウィリアム・シェークスピアの戯曲『ロミオとジュリエット」から。1968年に映画化された際の「愛のテーマ」曲。対立の中で育まれる愛の構図は、5曲目の『ファンタスティックス』、7,8曲目の『ウエストサイド物語』にも描かれています。争いのない世界を祈りつつ幕を閉じます。

CDのご購入・お問い合わせ

​CDをご希望の場合は、下記ご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

後日 chocolatplus02@yahoo.co.jp より メールにてお振込先をご連絡いたします

指定の口座に代金をお振込いただき、確認後、CDを発送いたします。

※別途、送料梱包代(4枚まで250円・5枚以上無料)をご請求申し上げます。

有難うございました!