top of page

雷の音、雨の音

本日月曜日。

ショコラヂヲ更新いたしました


梅雨ですから、やはり雨の歌を。



1962年に発売されたザ・カスケーズの、雨の日定番の名曲です。

度々カバーされていますし、当時を知らなくても聞いたことのある方は多いでしょう。



もともと海兵隊員で結成されたバンドが始まりだったカスケーズ。

この大ヒット曲は、リード・ヴォーカルを務めるジョン・ガモーによって作られました。

彼は2017年には来日して、当時と変わらぬ歌声を披露しています。


また、この曲のレコーディングの際には、スタジオミュージシャンとして間違いなく当時一流のメンバーが参加してくれたこと、特にギターに、後に「恋はフェニックス」が大ヒットとなるグレン・キャンベルが参加していたことを「そう、今や有名なグレン・キャンベルが!!」と綴っています。


今でも愛される雨の名曲。

奇しくも激しい雷雨の日に録音いたしました。(雨音は入っていませんが!)

ぜひショコラヂヲも聴いてくださいね。

↓↓↓




さて、ついに次の日曜日はこちらのライブ♪


7月14日(日)

ショコラ・プラスの【Jazz Parisien】


昨年好評だった六本木 ホオキパ・スクエアでのライブです。


今年はパリ祭当日にあたりますので、フランスやパリに因んだ曲を中心にお届けします。

シャンソンも、フランスの映画音楽も、私たちが取り上げたらこんな楽しい音楽に!

「パリ風ジャズ」と題して、フランス大特集です♪


日曜午後の開催ですので、平日夜のライブに出かけづらい方は是非この機会に!

チケットは1ドリンク付きで4800円。

お取り置きも致しますので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。


チケットのお申込み、その他お問い合わせは→ こちら



今週は久しぶりに顔を合わせるドラマー・畠山氏とのリハーサルもあり、このライブに向けて練り上げる一週間となりそうです!

充実したステージになるよう、頑張りたいと思います。

乞うご期待!!!

Comentarios


Recent Posts
Archive
bottom of page